売電や停電時でも使えることができるので良かったです。

太陽光発電にして良かったことといえば、電気代が節約でき、更に売電できることです。
太陽光発電は太陽が出ている日中に発電しますので、
日中にテレビや電子レンジや掃除機など使っている時は、
太陽光発電した電力で賄うことができ、経済的だといえます。
電力会社から電気を買わなくて良いので、とても助かることでしょう。
つまり発電した分、電気代が抑えられるわけで、かなり節約となることに嬉しく思います。
毎日の電気代の節約が1年にしてみれば、かなりな金額が抑えられることになるのですから、
太陽光発電の導入を早めにするのが良いのではないでしょうか。
ただし使い過ぎは良くありません。自宅で作ったものだから自分たちで自由に使えるといっても、
余った分を売電できるのですから、日中は節電を心がけ、売電に努めるのも良いことでしょう。
コツコツ売電していけば、それだけ収入になりますから、節電するのも楽しくなります。
また、他にも良かったことといえば、自立運転に切り替えて停電時にも使えることです。
普段電気製品に頼る生活をしていると、停電で電気製品を使えなくなった時に不便だと思ってしまいますが、
音楽やゲームなど娯楽用途ではなく、照明や冷暖房など必要なものに限って使うようにすれば、
停電時にも大変な思いをしなくて過ごせます。
特に大きな地震の時に停電したら、太陽光発電にして良かったと思えるのかもしれません。
特にお湯を沸かすことができるのは、停電時にとてもありがたいと思ってしまいます。

コメントは受け付けていません。