自然への配慮、太陽光発電

2011年から二年になり、未だにあの脅威の大地震が思い出されます。
復興にも力を入れているものの、自然から受けた被害は早々に直すことにも
時間がかかります。
自然環境問題が、問題となり、地球環境を守るためにどうしたらいいのか、人類の
課題になっています。
自然破壊すれば、その分天災として返ってもきます。
人類は、少しでも自然環境へ配慮した形を取っていかねばならない時代になってきているのです。
前橋市でも自然環境への配慮として、二酸化酸素の排出を抑える太陽光発電の
設置を家庭や企業に推進しています。
太陽光発電を設置することで、二酸化酸素の排出を抑えれるだけでなく、万が一電気が止まった場合でも、非常用の電気として活用できるので、推進しているのです。
大地震の影響で、原発にも大きな被害がでました。
電気不足を補うためにも、また自然環境への配慮をするためにも、太陽光発電を設置することで、貢献もできるのです。
自然に何ができるのかを、今考える時です。

コメントは受け付けていません。