前橋市で行う太陽光発電

群馬県前橋市では積極的に太陽光発電の導入を進めています。
太陽光発電は、再生可能エネルギーである太陽光を利用して電力を発生させるもので、石炭や石油などの天然資源を用いないことから地球環境に優しく温室効果ガスを発生しないことから地球温暖化防止に役立つといわれています。
また、東日本大震災によって原子力発電所が稼働停止を行っているため電力が全般的に不足しています。
そこで、その電力を補うためにも、新しい発電方法としての太陽光発電が取り入れられつつあります。
前橋市の行う取り組みの一つとして、市有地を利用した大規模太陽光発電所の建設が挙げられます。
市有地を電力会社に提供することで、大規模太陽光発電所を建設し、安定した電力を供給していくことが目的です。
前橋市は日本でも比較的快晴の日が多く日照時間も長いことから太陽光発電に適しているため、多くの発電量が期待できます。
そして、発生した電力は、電力不足を補うことができるほか、停電時などの非常時に利用することで防災機能としての側面も有します。
そこで、大規模太陽光発電所を建設することで得られる利益は大きいものだといえます。
また、前橋市では住民による住宅用太陽光発電システムの設置費用に対する補助金制度や企業による事業用太陽光発電システムの設置費用への補助金制度も設けており、地域内での太陽光発電システムの導入を促進しています。
太陽光発電の導入を自治体が支援することで、人が住みやすい環境づくりを前橋市は実現しています。

コメントは受け付けていません。