群馬県内で太陽光発電システムとオール電化住宅を組み合わせる

ヨーロッパやアメリカ、日本で一般住宅に普及が進んでいる太陽光発電システムは、システム自体の費用はかなり安くなっているのですが設置にかかる設置工事費用が思ったよりも大きなウェイトを占めています。
太陽光発電システムの容量が大きくても小さくても、設置工事にかかる工事費用や工事期間はそれほど変わりません。
ですから容量の大きな太陽光発電システムを設置する方が発電容量当たりのコストは安くなるでしょう。
そうは言っても発電容量の大きな太陽光発電システムを設置するには、ソーラーパネルをたくさん屋根に設置しなければなりませんから大きな屋根が必要です。
一般住宅で屋根だけが異常に大きな家というのはありませんから、平均的な発電容量の太陽光発電システムを設置する事になるでしょう。
群馬県内で平均的な発電容量の太陽光発電システムを設置する場合、オール電化住宅と組み合わせるとかなり早く初期費用の回収ができるのでおすすめです。
太陽光発電システムの設置と同時に住宅も一部リフォームし、お風呂や給湯、キッチンをオール電化にリフォームする事で、リフォーム費用を含めても7~8年という短期間で費用の回収ができますから、単独で太陽光発電システムのみを設置するケースよりもお得になるのです。
太陽光発電システムとオール電化住宅の組み合わせがそれほど大きな金銭的メリットを生み出す理由は、オール電化住宅にすることで夜間に使用する電気料金が格安になるからです。
おおよそ夜間に使用する電気料金は日中の3分の1になります。


コメントは受け付けていません。