群馬県の前橋市での太陽光発電

太陽光発電は太陽光を電力に換える発電システムです。
震災以降、大規模太陽光発電施設の設置『メガソーラー計画』
各地で急速に進められるようになり、
個人でも停電対策や経済的な理由から太陽光発電を住宅の屋根に設置したり、
電気自動車に買い替えたりするご家庭が増えてきつつあります。
群馬県でも太陽光発電に対しては積極的に動いており、
いわゆる『屋根貸し』事業や、太陽光発電施設に関連したマッチング事業を
進めています。
また、住宅用の太陽光発電設備の新規設置に関しても、
県から独自に補助金を支給することにしています。
さらに、前橋市でも市として独自に補助金を支給することにしていますので、
住民の皆様方にとっては国からの補助金もプラスすると
三重に受け取ることができ非常にありがたいことと言えます。
太陽光発電システムの住宅への設置には、
非常に高価な金額がかかってしまいますが、
自動車や住宅のローンと違い太陽光発電は将来的に金銭がプラスになるというメリットを
備えています。
というのも、設置以降は電気代が0円になるだけでなく、
余剰電力買い取り制度によって収入が入ってくるからです。
現在の設定では1kwあたり42円で10年間は電力会社が買い取りをしてくれることが
保障されています。
もちろん、それ以降も金額は変わりますが買い取りは続くものと考えられますので、
約十数年で費用の回収が終わりそれ以降は、
副収入としてプラスになるという非常にありがたいメリットがあります。
銀行に貯金するよりもはるかにメリットが高いのです。


コメントは受け付けていません。