前橋市の太陽光発電でできることは

原子力発電が、現実のところ操業不能に陥っていると言える今、化石燃料による電力生産が続いています。
液化天然ガスは円安によって値上がりしているほか、もともと輸入のための費用が高く設定されていることによって、ダブルパンチを受けています。
直近の貿易赤字を見ても、この液化天然ガスの輸入に対する費用が莫大なものになっていて、今後のエネルギー事情を早急に見直さなくてはならない時期に来ていることは明白です。
けれど、いまだに原子力発電所を再稼働させるには、十分な安全が確保されていないとして、国民の支持が得られていません。
そうなると、よりクリーンで安全なエネルギーとして、自然エネルギーに注目が集まってくるのは当然でしょう。
前橋市では、住宅用の太陽光発電システムの取り付けに対し、費用を一部補助する制度を作っていますが、そのほかにも取り組んでいることがあります。
それが、メガソーラーの運営です。
メガソーラーを作ることによって太陽光発電システムそのものが普及することはもちろん、二酸化炭素を排出しないことから、環境保全という意味でも大きな貢献が期待できます。
さらにはメガソーラーを維持、管理、そして運営していくには人手が必要です。
そうなればメガソーラーを働き場所とする雇用も生まれ、新たなエネルギー分野で仕事ができることになります。
多くの太陽光パネルを取り付けられる屋根や施設を持っている人とのマッチングも積極的に行うことで、メガソーラーが次世代エネルギーの問題を少しでも解決してくれたらと願っています。


コメントは受け付けていません。