前橋はメガソーラーで、今凄く熱い

あの東日本大震災、日本中を恐怖のどん底に追い込んだ前代未聞の大災害以降、原子力発電についての、理屈を超えた強い拒否感、嫌悪感というものが日本中に形成されました。
地震の被害はものすごく大きかったですが、実際に恐怖したのは、わずかな時間でした。
ところが福島の原子力発電所が崩壊して、大気に放散した放射能の威力はすさまじく、福島のある地区は人の踏み入ることの出来ない不毛の地と変わってしまい、今こうしている現在でも、長年住んだ家に変えれず避難生活を余儀なくされている人が何万人といます。
こんな恐ろしいもの、兵器に近いものがあったでしょうか?それ以降、脱原子力発電ということで代替方法が、色々と検討されるようになりました。
火力発電の効率の見直し、水力発電の再稼動、そして地球に無尽蔵に降り注ぐ太陽光を電気に変える太陽光発電が改めて注目を浴びるようになりました。
もともと日照時間の長いことでつとに有名な前橋でも、当然のように太陽光発電の設置が叫ばれるようになっています。
戸建ての屋根の上に太陽光パネルを設置して、個人の使用電力は、ある部分自給自足することが可能なので、ソ-ラ-パネルの設置が普及推進するように様々な施策が実施されています。
そして前橋においては、個人だけではなくて、行政が音頭をとってメガソ-ラ-の建設促進活動が盛んに行われています。
前橋市では、長い日照時間、遊休地の存在等の地域特性に適した太陽光発電所(メガソ-ラ-)の導入を市民や事業者、団体と市が一つの方向を見るために、平成24年9月5日に「前橋市メガソーラー設置促進協議会」を設置しました。
まだ半年がたっていませんが、前橋はメガソーラーで凄く熱い都市に成っています。

停電時も太陽光発電は利用できるので、いざという時も安心でオススメです。

最近、色々なところで地震がありますね。
地震がある国の日本は特に他人事ではありません。
やっぱり色々な電化製品に支えられて生活していますし、停電などで電力が不足すると本当に日々の生活に困りますよね。
停電時も電力の供給が出来れば安心です。
そこでオススメなのが、太陽光発電です。
太陽光発電を導入しておけば停電時でも昼間は発電するので電力を利用する事が出来ます。
調べてみたところ、冷蔵庫や炊飯器なども利用できるそうです。
炊飯器に関してはちゃんと水さえ使えれば、暖かいご飯が食べれるんですよね。
災害時に暖かいものが食べられるというのはとても貴重です。
こういった災害時に太陽光発電はとても役に立ちます。
災害はいつ襲ってくるか分からないので、家を建てたりする際にはぜひ太陽光発電を前向きに検討しましょう。
それに太陽光発電は普段の生活でも役立ちますし、節電が叫ばれている今ですので、普段の生活でも貴重な存在になるので導入して損は無いと思います。

色々な意味で安心で安全

日々の高熱にが大幅に抑えられて、うまく行けば収入にもなって、さらにエネルギーを発生させる際になにも危険を伴わないと言うのが、太陽光発電です。
もちろん、廃棄物や排気ガスも発生させませんし、尽きることが無い太陽光をエネルギー源にしているのですから、不安を感じる要素もまったくありません。
このように書いてゆくと、まったく安心で安全であると言うのが太陽光発電に対する私の見解ですね。
ただ、問題点というか皆様が今一歩踏み出せない要素としては、初期費用が挙げられると思います。
もちろん、補助金はありますが初期費用の全てを負担してくれるわけではありませんし、国からは全国一律ですが自治体によって差があるので、リスクというかランニングコストで賄える価格が変わってくるというのも、大きな不安要素でしょう。
しかし、それでも尚私は安心で安全と言いたいですね。
とりあえず、資産を現金だけで考えると言う思考をまず変えます。
建物も、構築物も資産として考える、一般的な確定申告のやり方で言えば、太陽光発電の設置は資産となります。
それが、ランニングコストを抑えたり、お金を生み出したりするのですから、減価償却費がそれらを上回らなければ、まったくリスクと考える必要は無いはずです。
それどころか、補助金が出たり、原発事故の影響や環境に配慮する姿勢が浸透してきた事から、普及率も上がり、業者間の競争も行われてかつてより安く出来るのですから、まったく不安を感じないはずです。
おまけに、売電の価格まで上がっているのですから、資産として残る投資として考えれば、外貨貯金を考えている通貨の利息が上がったと言うくらいの出来事といえるでしょう。
反対に言えば、太陽光発電の不安って初期費用の部分だけなんですよね。
効率よくお湯を沸かせますし、生活面での問題も無いですし、日が無い生活になるので、子供さんとかにとっても、危険が遠のいていくわけですからね。
まさに安心で安全なのが太陽光発電なのです。

群馬県で設置したいと思ったら

最近の新築の住宅やマンションには、最初から当たり前のように太陽光発電が取り付けられていますが、昔から建っている住宅にはそのようなことがないため、設置するなら自分で工務店やリフォーム業者に依頼しなければなりません。
太陽光発電が登場した頃に比べると、かなり値段が下がっているとはいえ、まだまだ一般人には高額であるため、軽い気持ちで設置が出来ないのが辛いところですが、補助金制度を利用すれば、かなり料金を抑えることが出来てお得です。
群馬県の場合だと、平成24年度の群馬県住宅用太陽光発電設備等設置推進費補助金は1kW当たり24,000円で上限80,000円(ただし1kW当たりのシステム価格が550,000円以下のもの)となっていますから、これを利用するようにしましょう。
群馬県は自然が豊かで、太陽がさんさんと照りつけるところが多いので、かなりの発電量が期待できますし、省エネにもなるので、設置するなら出来るだけ早い方が良いですね。

太陽光発電を我が家に!

太陽光発電をつけてみたいね。
そう思い立ち、屋根を見上げる人は増えていると思う。
早速業者に…。
いやいや、その前に自分の家の屋根には、太陽光発電のパネルがつけられるのか?
不安になる人は割りと多いと思う。
かくいう我が家もそんな一つ。
太陽光発電をつけたら、床暖房や、ガス代が安くなると盛り上がっていました。
その勢いのまま調べてみると、太陽光発電のパネルがつけられない家や、
たとえつけても、電気代がプラスになるか怪しい家があるらしいと発見。
我が家はどうなんだ?と悩んでいた時に、
とある業者がシミュレーションしてみないかと声をかけてくれた。
無料で、チェックしてくれるらしい。
どれだけプラスになるかをグラフにまでしてくれるらしい。
外からのチェックなので、特にすることもなく、
ちょっとワクワクしながら待つこと数日間…。
ポストに届いた返答は、我が家の屋根には光を取り入れる為のガラスがあったり、
屋根の向きが悪いため、太陽光発電のパネルはつけられないです。
ガラスなんて塞いでもいいよと、思いつつ。
家の向きはどうにもならないじゃないかと、ガッカリ。
盛り上がった勢いで、業者に見積りとかさせなくてよかった。
内心ほっとしました。
なんとなく、太陽光発電はつけたら儲かるムードだけれど、
向きが関係するなら、つけられない家庭って多いのでは?
皆がみな、まっ平らな屋根をつけていない。
意外な落とし穴だ。
ぜひとも、一度チェックをおすすめです。
失敗しないためのチェック
万全な状態で、太陽光発電に望んでください。

前橋市の太陽光発電でできることは

原子力発電が、現実のところ操業不能に陥っていると言える今、化石燃料による電力生産が続いています。
液化天然ガスは円安によって値上がりしているほか、もともと輸入のための費用が高く設定されていることによって、ダブルパンチを受けています。
直近の貿易赤字を見ても、この液化天然ガスの輸入に対する費用が莫大なものになっていて、今後のエネルギー事情を早急に見直さなくてはならない時期に来ていることは明白です。
けれど、いまだに原子力発電所を再稼働させるには、十分な安全が確保されていないとして、国民の支持が得られていません。
そうなると、よりクリーンで安全なエネルギーとして、自然エネルギーに注目が集まってくるのは当然でしょう。
前橋市では、住宅用の太陽光発電システムの取り付けに対し、費用を一部補助する制度を作っていますが、そのほかにも取り組んでいることがあります。
それが、メガソーラーの運営です。
メガソーラーを作ることによって太陽光発電システムそのものが普及することはもちろん、二酸化炭素を排出しないことから、環境保全という意味でも大きな貢献が期待できます。
さらにはメガソーラーを維持、管理、そして運営していくには人手が必要です。
そうなればメガソーラーを働き場所とする雇用も生まれ、新たなエネルギー分野で仕事ができることになります。
多くの太陽光パネルを取り付けられる屋根や施設を持っている人とのマッチングも積極的に行うことで、メガソーラーが次世代エネルギーの問題を少しでも解決してくれたらと願っています。

群馬県で太陽光発電するのは得かどうか

群馬県で、太陽光発電を導入するかどうか悩んでる人が一番気になるのは、得かどうかという事でしょう。
自宅へ大金を掛けてシステムを設置しても、得にならなければ何にもなりません。
そこで、どれくらい節電出来るのか記して行きます。
太陽光発電を導入するメリットは、何も節電だけではないんですが、電気代がどれだけ節約出来るのかという事も、大いに気になる点でしょう。
電気代の節約へ掛かってるのは、発電量です。
これは、日照時間で決まります。
日照時間というのは、日光がその地域へどれだけの時間照射されるか、1時間単位で表したものとなります。
ですから、群馬県へ太陽光がどれだけの時間照射するのかが判れば、電気代の節約量も判るという仕組みになるんです。
調べてみると、日照時間では2037,7時間あり、全国のランキングでは9位でした。
全国の平均日照時間が1885,8時間なので、この数値よりも151,9時間日照時間の長い群馬県は、かなりお得だといえます。

太陽光発電を取り入れた生活をすすめます。

太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを利用して電力を発生させる発電方法です。
この太陽光発電には様々なメリットがあることから、家庭への導入をお勧めします。
そのメリットの一つ目としては、今ならシステムの設置に対して補助金を受けられることです。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を発生させないので、家庭からの二酸化炭素の排出量を減らすことができます。
そのため、近年問題になっている、地球の温暖化を防ぐことができるため、国や自治体では、その導入を後押ししています。
その目的の下、家庭用太陽光発電システムの設置に際して国から補助金が支出されます。
また、自治体によっては、助成金を支出しているところや設置費用の低金利での融資を行うところもあります。
メリットの二つ目としては、電気代の節約になるということです。
蓄電池を同時に設置した場合、昼間に太陽の光を利用して発生した電力は、ためておくことが可能です。
そして、その電力は夜間に利用をすることもできます。
太陽の光のない夜間に利用することで夜間分の電気代を節約することができます。
メリットの三つ目としては、発生した電力を収入源にできるということです。
電力は電力会社と受給契約を締結することで、電力会社に売却することが可能です。
場合によれば、利用した電気料金よりも売却した電気料金の方が高くなることもあるので、新たな収入源として電力を扱うことができます。
このように、メリットがたくさんある太陽光発電なので、家庭での導入を検討してみてはいかがでしょうか。

自然への配慮、太陽光発電

2011年から二年になり、未だにあの脅威の大地震が思い出されます。
復興にも力を入れているものの、自然から受けた被害は早々に直すことにも
時間がかかります。
自然環境問題が、問題となり、地球環境を守るためにどうしたらいいのか、人類の
課題になっています。
自然破壊すれば、その分天災として返ってもきます。
人類は、少しでも自然環境へ配慮した形を取っていかねばならない時代になってきているのです。
前橋市でも自然環境への配慮として、二酸化酸素の排出を抑える太陽光発電の
設置を家庭や企業に推進しています。
太陽光発電を設置することで、二酸化酸素の排出を抑えれるだけでなく、万が一電気が止まった場合でも、非常用の電気として活用できるので、推進しているのです。
大地震の影響で、原発にも大きな被害がでました。
電気不足を補うためにも、また自然環境への配慮をするためにも、太陽光発電を設置することで、貢献もできるのです。
自然に何ができるのかを、今考える時です。